The Bonesetter's Daughter

The Bonesetter's Daughter

ISBN:9780002254861
著者:Amy Tan
レーベル:Flamingo
制作:Flamingo
出版社:Flamingo
メーカー:Flamingo
売上ランキング:2818639
(2017/07/27 01:29現在 )
詳細ページをAmazon.co.jpで見る
マーケットプレイス
1 新品 ¥ 14,343より
5 ユーズド商品 ¥ 156より
商品説明レビュー
   エイミ・タンの4冊目の小説は、主人公ルース・ヤングが、見事な毛筆による漢字がびっしりと並んだ紙の束を2つ、手にしている場面から始まる。1つの束のタイトルは「私が真実だと思うこと」、もう1つは「私が忘れてはいけないこと」。さて書いたのは誰?それはつい最近アルツハイマー病と診断されたルースの母親、ルー・リンだった。この紙の束は、1916年に中国で生まれたこの高齢の女家長が、記憶力が衰えても絶対にこの世に残しておきたいという一心で、自らの生い立ちや家族の歴史を書き留めた記録なのだ。

   ルースは、自己啓発本のゴーストライターとして生計をたてているサンフランシスコのキャリアウーマン。母親がどんな人生を歩んできたのか、また本当はどういう人なのか、これまでほとんど考えたこともない。その上母との関係は年々険悪になる一方だった。それでもルースは母の病気の徴候に気づいていた。かつて母を憎んだことに激しい後悔の念を覚えたルースは、翻訳者を雇い、その紙の束の解読を依頼する。そしてこう決心するのだった。
 「母の人生について教えてほしいと頼んでみよう。今度だけは自分からお願いしてみよう。そしてじっと母の話に耳を傾けよう。静かに座り、母をせかすことなく、話を聞くことひとつに心を込めて」

   ルースが語り手を務める章の間に挟まれた『The Bonesetter's Daughter』の主要部分は、1920年代に北京原人が発見された、中国のへんぴで山深い地域を舞台に展開していく。そのちっぽけな村落では、迷信や伝説がまかりとおっている。ルー・リンはそんな片田舎で、ひどい傷あとのある子守女「大好きなおばちゃん」の厳しいしつけのもと、育てられた。それはどう見ても決して人がうらやむような環境ではなかった。

    辺りにはすえたような豚のにおいがした。竜の骨を掘り当てる夢に取り憑かれた発掘者たちによって、うす汚く掘り返された大地。穴ぼこだらけの壁、泥まじりの井戸、ほこりにまみれた舗装されていない道路。すれちがう女は老いも若きも皆、個性のない同じ顔をしている。その眠たげな目は、彼女たちのぼんやりとした心をそのまま映す鏡だった。

   しかし、隔絶された田舎暮らしよりもさらに最悪なことがあった。インクの製造をしているルー・リンの一家は、その村の医者と付き合っている限り自分たちは呪われると信じていた。その医者は、人間の骨からこっそりと医薬品を作っていたのだ。果たしてルー・リンと妹のガウ・リンが大きな不幸に見舞われ、ついに一家は中国脱出を決行する。途中、家族の言い争いが至るところで勃発。特に母親同士、娘同士、それに姉妹間のけんかは絶えることがない。前作の『The Joy Luck Club』と同様、エイミ・タンはこの家族同士の言い争いを巧みに生かして、移民した1世とその子どもであるアメリカ生まれの2世の間に存在する、複雑に絡み合った原動力の本質を描こうとしている。
こちらもオススメ!
カスタマーレビュー